スタッフブログ -千春楽の出来事-

blog

三八(さんぱち)豪雪なみの被害となりそうな寒波でしたが、萩の冷え込みはどうにかピークは過ぎたようです。当館でも少なからず設備に不具合が起こりましたが、現在は正常に回復いたしました。2基あるボイラーの1基がエラー表示、冷え込みによるセンサーの誤作動か膨張管の圧力弁の凍結かと思われます。また高架水槽の揚水管が凍結し、2系統ある上水系統のひとつがストップしましたが外気温の上昇にともない現在は通水完了となりました。設備設計は障害発生を考慮し2系統を用意しており、1系統でもどうにか機能しますが保守管理(メンテナンス)が欠かせません。(コンピュータのミラーリングやメールのccの様なモノ?喩が悪いか)
画像は旅館隣地の太陽光発電所、売電が主な目的ですが、北海道で起きた大停電(ブラックアウト)の様な事態でも日照がある昼の時間帯には旅館の需要電力からすると気休め程度ですが100ボルトの電力が取り出せます。(まだ゛試してないのでどれほど使えるかわかりません)すみやかな発電に向けてパネル面の除雪を実施、発電を確認いたしました。
何事も備えが重要です。




お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 8:00〜22:00)

電話番号:0838-22-0326