スタッフブログ -千春楽の出来事-

blog

昔はよく聞いた言葉だ。仕事も人生も始まったら自分が立ち止ろうとしても留まる事はなく動いていく。カミソリの鋭い切れ味も刃こぼれすれば錆たカケラ、鉈(なた)のようにブッタ斬る強靭な刃がなければ生き残れない。磨かなければ切れ味は鈍る。
萩焼は磁器のような繊細さや装飾性は無い。民陶の実用性も無い。 朝鮮を源流に戦国の武士の好みの"つちあじ" 豪快さが茶道文化で育ちオブジェに至る芸術表現まで広がっている。


金子信彦 2009.09.06


モクモクと煙突から煙 2009.09.06


小口から薪投入 2009.09.06


熱くて痛くて近づけない 2009.09.06


投入された薪はすぐ着火 2009.09.06


あと薪何束いきますか? 2009.09.06


そろそろ上がりか 2009.09.06


窯の温度は1200℃ 2009.09.06


赤松の薪 2009.09.06


窯だし 2009.09


オブジェ 2009.09.09


埴輪の壁画

コロナで実用的な 衣 食 住 の需要は底堅く、高級時計やクルーザー、投資目的のマンションなんかは好調らしいが、新しい芸術の担い手の若い世代は厳しい現状だ。あとひと踏ん張りと考えよう。また、ひと山在るかも知れないが・・・


お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 8:00〜22:00)

電話番号:0838-22-0326