スタッフブログ -千春楽の出来事-

blog

貨物船のイメージです 投稿内容とは何の関係もありません

バブル経済崩壊後の反省点に日本金融機関の護送船団方式が挙げられますが。護送船団とは大戦時に兵站物資を前線に運ぶ際、置き去りにしないよう船足の一番遅い船に合わせて、巡洋艦、駆逐艦で取り囲み敵の潜水艦から守りながら輸送することを云いますが、もう亡くなった腕の立つ不動産屋の爺ちゃんの話。
大戦末期、本土爆撃を阻止べく小笠原諸島沿いに輸送船で太平洋上小島の防衛陣地に民間船を艤装した船に乗っていた。当時の貨物船を改造した船は冷房ナンかある筈も無く、天井から何層にも吊るされたハンモックが自分の居場所で兵士は薄暗く蒸し暑い船内でふんどしイッチョで寿司詰め状態。そんなある夜、米潜水艦の魚雷攻撃を受けて輸送船は傾くが、艦長の「総員退去!」の退艦命令が発令されない限りは軍法違反で後ろから撃たれても文句は言えないが躊躇すれば命が無くなる、生存本能の旺盛なモノはそれを無視して一目散に海に飛び込む、逃げ遅れた者は艦とともに沈んでいった。重油まみれの海の中、味方の船が直ぐに助けてくれると思ったら大間違い。潜水艦を沈めるか撃退しなければ後に残った船も沈められるため、まずは潜水艦掃討作戦が実施され漂流する味方がいようがお構いなしで爆雷を投下する。ドーン、ズシーンと爆雷が爆発する度に水に浸かった下半身は激しい衝撃に麻痺するほど痺れまくる。音は水中では空気中より五倍も速く、密度も濃い。何時間かの後、安全が確保されたと司令官が判断したのち、救助が始まる。その間にサメに喰われるのやら、力尽きて沈んでいくものもでる。
ヤットコサ助け出されても武装装備も何もかも失った部隊は近くの島へ降ろされた厄介払いとなる。しかしココからまたサバイバルが始まる。小さな島の守備隊には食料備蓄もギリギリで助け出された部隊は自分達の食料を食いつぶす、また飢えた兵隊が部隊や民間のの倉庫を夜中に盗みに入る事となる。通称「どろぼうぶたい」と呼ばれたそうである。
年寄りが戦争の事を語りたがらないのは、平時では恥や道徳倫理に違反しなければ自分の命を保てなかったからであると思われる「恥ずかしい」事なのだ。
しかし、厳しいフルイに懸けられた生命力の強いモノが戦後の日本を造った。くじけた者は生き残れなかった。

のちに、この不動産屋の爺ちゃんの一言で不動産開発を目論んでウマく売れなかった土建屋のオバちゃんに、私は裁判所の調停に引きずり出された。「あの汚い家が有るから…」と爺さん、その汚い家も爺さんがオヤジに売ったのだが、オバちゃんはそれが見抜けなかった。結局解体費用をオバちゃんが大半支払う事となる。


八月になり、夜遅く子供が寝たころに戦争の現実を語る番組が放送されるように今年もなりました。
ウクライナ戦争が勃発し(ロシアのクリミア侵攻は遠の昔にはじまっていたが日本人にも旧西側諸国の人々には内戦・内輪揉めの認識しかなかった)戦争状態の現実の一部が画面を通して伝わってくる。
昔、おじさんやお爺さんから聞いた話だ。
戦後二十年もせず産まれたので、周りの大人は戦地に行ったり内地(国内)で戦争の時代を過ごした人ばかりだった。萩は交通の要衝でも何かの生産拠点でもない、大した街ではなかった為、機雷を撒かれて海上封鎖された程度で空襲も無く町並みは変わらなかったが、戦後ニュージーランド軍が川の外側の無田ヶ原に駐屯して占領支配した。オキュパイド・ジャパンの時代があった。
ボケてしまう前に、家族や周りの大人たちから聞いた「むき出しの現実」?を書いてみます。(時系列・重要度はサミダレ式に成りますが)


夕焼けは昔も今も変わらず 人の考えは変わる 進化か退化か 本質は変わらない


まずはソフトな話。おやじ{実父}から聞いた話、昭和五年生まれのピカピカの軍国少年。「神国不滅必ず勝つ万歳」と日本が負けるとは微塵も考える事無く育った。勉強嫌いで一浪して旧制中学に入学、上には勉強の良くできる兄がいて親から「兄貴の方が可愛がられた」と言っていた。ヤットコサ入った中学は退役軍人(将校)がピカピカの軍靴を履いて何かあると体罰で恐ろしかったそうだ。最初こそ戦果は華々しく景気良かったが、暫くすると授業・勉強はそっちのけ、校庭はサツマイモ畑に変わり、列車に乗せられ於福へ連れていかれ芝刈りバカリさせられた。(現美祢市於福には線路沿いに長い直線道路が在り、軍は防府、下関長府の飛行場が爆撃で使用不能となった代替機能をこの道に持たせたらしい)戦争終盤、徴兵年齢に達しない中学生にも予科練への募集が始まる。アタマは完全に軍国教育を受けたオヤジは募集に応募しようとするが商売屋で色んな情報・裏話も漏れ聞くし、兄も徴兵検査で肺に影が有り(結核の蔓延防止の為に徴兵免除)、大学も内燃機関(エンジン)を専攻し長府の女学生の工廠への引率何かをしていて戦地へは行っていなかった為、家族全員で引き留めたらしい。このため私は今存在している。
米屋をしていたのに戦争中米を喰った覚えがない、家に帰れば飯台の上にいつもサツマイモかかぼちゃの煮物、イモのツルの汁バカリ喰わされた。(この時期成長期の日本人はタンパク質不足で血管の発育不全で血管障害がこの後頻発、この後オヤジも何度も脳梗塞を起こし家族は30年にわたる入院とリハビリに付き合わされる。最後は私が心肺蘇生を試みましたが冷たくなっていて、アッケナク終了、お袋が被害者、この後軽くポケて私が面倒みるが比較的手を取らずに大腸がんで逝った)
戦後、負けたとたんに世界は一変! 軍国教育から民主主義教育へ今迄の事は無かったこととなって先生は教科書に墨を入れ・・・あてになるようなもんじゃねぇ~
ここからオヤジの快進撃が始まり、ヤミ米や燃料の薪スミの扱い、旅館、萩焼と何でも儲かりそうなものに手を出して、大きな借金を作って勝手に病気になって、あとは楽しく私が返済して、私も残りの時間は楽しく過ごせます。コリャ余計だね!


散髪終了(庭木剪定)、万灯会も今年はあります。
かねてから恵美須町内会より指摘のありました庭木の剪定が3年ぶりに終わりました。毎年来て呉れていた庭師のお爺さんも数年前から見かけず引退したのか… 雑木(ぞうき)ですから私が出来ない理由では無いのですが、(下)画像のように7~8mも有りますので、手持ちの4mの剪定梯子では帯襷(おびにみじかしたすきにながし・長さが足りません)です。(樹に上り一本足の梯子で足場を固める手もあるが…命が惜しい)


とら刈りだが半年もすれば落ち着く? 二人役で一日

毛利氏のお寺で檀家は無し 維新後経済的に困窮し財産も流出(その一部)大照院の灯籠 買ってからアッチこちに移動 ココでは映えないので旅館へ持っていくか?


上記の画像の灯篭数百基ある毛利氏の菩提寺、大照院、東光寺で今年は万灯会が復活しました。詳しくは「お知らせ」のコーナーで・・・


台風が東海・関東地方に接近中ですが萩は大きな影響は無さそうです。
朝方から午前中に雨が降って、海水浴のお客様は少なめですが、波も風も無く蒸し暑い日しなりました。


何となくハッキリとしない優柔不断な天候


オールドスクールの私は、お盆前の「ハレ」※「忌(いみ)」が適当か?の時期には気持ち良く過ごしてもらおうと、炎天下のなか昨日、命を削って駐車場の草刈りとアパートの周りを綺麗にしました。海水浴場に近い集合住宅の空いたスペースに海水浴のおにいちゃんのグループが勝手に車を複数止めていました。大き目の敷地で実用上は問題ないのですが、※「壊れたガラス効果」※で旅の恥は搔き捨ての行動を助長し治安が悪化しマスので取りあえず対策しました。居住者の皆様ご協力をお願い致します。
※ 割れ窓理論 破れ窓理論 ブロークン・ウインドー理論(thory) が一般的


取りあえずトラロープを設置 

吉井君表現が直接的で昭和 慇懃無礼で真綿で首を締める様なそれでいてウイットに富んだ文句が無かったかな?


お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 8:00〜22:00)

電話番号:0838-22-0326